宝塚は生きる糧

かなめさん(涼風真世)の頃よりゆる~く宝塚を見守ってます。ちえさん(柚希礼音)との出会いで宝塚生活に激変が起きました!全ての組を鑑賞。星組贔屓、礼真琴さん、ことふうがオアシス!

花組『巡礼の年』の退団者4名へのお花渡し…星風まどかの涙&美風舞良劇場

スポンサーリンク

 

本日は、
花組本公演『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨~』
『Fashionable Empire』の宝塚大劇場での千秋楽でした

 

大好きなつかさくん(飛龍つかささん)と、
音くりちゃん(音くり寿さん)の宝塚大劇場卒業の日でしたので、
なんとか都合をつけて視聴いたしました!

 

恒例のお花渡しをメモしておきます

 

退団者の芹尚英の休演&花組がコロナ禍を乗り越えたこと…

まずは最初に触れておきたいことをメモしておきます

 

101期生のえいくん(芹尚英さん)は、
この公演で退団でしたけど、
6月28日から休演されてしまうということがありましたが、
7月6日に無事にご復帰され、本日を迎えることができました

 

そして、
現状コロナの猛威がエンタメ界を襲っており、
月組本公演『グレート・ギャツビー』の初日が延期、
宙組『カルト・ワイン』は後半から千秋楽まで公演中止にみまわれてしまいました

 

花組はこれまでも何度も辛い目に遭ってましたので、
なんとか大劇場を乗り越えられて、本当によかったです

 

カレーくん(柚香光さん)のご挨拶での言葉の重みと、
笑顔が眩しかった…
これが全てを語っていたと思います

 

花組の4名の退団者『巡礼の年』『Fashionable Empire

今回の花組からの退団者は4名です

  • 飛龍つかさ(98期・研11)
  • 若草萌香(99期・研10)
  • 音くり寿(100期・研9)
  • 芹尚英(101期・研8)

 

花組の98期生は、
つかさくんが去る後、
とわくん(峰果とわさん)ただ1人となってしまいます
星組だけはすんごい多い98期生ですけど、
上級生の学年となり、
少しずつご卒業される方も出てきますよね
寂しくなります

 

99期は不遇なイメージもありましたけど、
ここのところの充実ぶりが顕著になってきてのもえかちゃん(若草萌香さん)の退団
ダンスが魅力的で、さすがダンスの花組だっただけにとても残念でした

 

100期生は、
まだ上級生の学年になったばかりというのもありますけど、
各組まだまだたくさん在団されております
その中でも、花組は7名で1番多かったのですが、
音くりちゃんの退団で1名少なくなります
それでも、100期の中では花組がまだ1番多いです

 

101期は、
長の期を終えたばかりの上級生ですので、
まだまだ現役生がたくさんおりますだけに、
えいくんの退団はかなり寂しいです
でも、大劇場を卒業をしっかりできて良かったです

 

花組退団者へのお花渡し『巡礼の年』『Fashionable Empire

宝塚大劇場でのお花渡しです

 

  • 飛龍つかさ⇒同期:峰果とわ 組:柚香光
  • 若草萌香⇒同期:帆純まひろ 組:航琉ひびき
  • 音くり寿⇒同期:星風まどか 組:舞月なぎさ
  • 芹尚英⇒同期:咲乃深音 組:和海しょう

 

 

今回はかなりの上級生の退団はなく、
まだ同期生が在籍してましたので、
そのまま順当にお花渡しをされてました

 

同期でのお花渡しでは、
まどかちゃんが音くりちゃんに何か話してましたけど、
音くりちゃんがキョトンとした顔をしていたのが印象的でした
何を言ってたのか聞こえなかったのかなっていう雰囲気

 

つかさくんには、
カレーくんがめっちゃカッコよく渡して、
とわくんがつかさくんに何か囁いていて、笑顔のつかさくんでした

 

さらにつかさくんはご挨拶で、
みんなに感謝するという流れで、
「大切な自慢の同期、峰果とわ」と言ってました
98期最高!

 

美風舞良劇場と花組の母デビュー&星風まどかの涙

今回の花組公演では、
あおいさん(美風舞良さん)が新しい花組組長としての本公演デビューでもありました

 

今回、あおいさんの退団者へのご挨拶が朗読劇のようだったのです
最初違和感ありまくりでしたけど、
きっと退団者からのメッセージを観客にきちんと伝えたい、ということで、
朗読調になったのではないか、と推測します

 

そう思ったら違和感から微笑ましく感じ、
花組の新しい母としてのあおいさんの思いやりを感じました
母というよりは「ママ」って感じではありますが…

 

愛情溢れる感じが良かったと思います
組長さんがあまりに前に前にと出る感じは、
全然支持できませんけど、
今回のは私的には許容できました

 

普通に読み上げるというのも、
お手紙を読んでいるようなので、
それはそれでいいと思っています

 

ただ一言メッセージは欲しかったかな
まだ一緒に過ごした時間が短いとはいえ、
それなりに思い出もあるでしょうから、
朗読プラス一言メッセージだったらなおよかったと思います

 

 

あと気がついたこととして、
退団者の挨拶後に、
全員で『TAKARAZUKA FOREVER』を歌ったのですが、
その時、まどかちゃんが音くりちゃんをじっと見つめていたのが印象的でした
大事な親友を見守るような、寂しいような、そんな表情です
さらに泣いているような?

 

それが明確になったのは、
カーテンコールのラストでした
まどかちゃんの顔が映し出された際、
涙の跡と目の潤みで泣いていたことが判明

 

同期の音くりちゃんを思って悲しくなったんでしょうね…
こちらも貰い泣きしそうでした

 

退団者からの最後の一言コーナーでは

退団者からの最後の一言ずつでは、
えいちゃんが本日誕生日ということをカレーくんが伝えると、
観客からものすごい拍手があがりました
「人生でこんなに多くの人に祝ってもらったことは初めて」というようなことを、
えいちゃんは言ってました

 

音くりちゃんは、
涙ぐんでしまい言葉に詰まるも、
カレーくんからの「この気持ちを歌で表現します」と紹介され、
「なんでやねん!」と見事な切り返しで笑顔が戻ってました

 

もえかちゃんからは、
「みなさん健康第一に」と昨今のコロナ禍の情勢からの思いが、
言葉に出ていました
本当に健康が一番大事ですよね…しみじみ…

 

つかさくんは、
「君の居場所はタカラヅカだ!」と叫ばれました
最後まで笑わせてくれるというか、
つかさくんらしさ全開で素敵でした

 

ざっと触れましたけど、以上となります

 

次は東京公演ですが、
生観劇もありますし、
出来れば、大千秋楽もライブ視聴したいと思っています

 

【関連記事】
真風涼帆から鞠花ゆめへ!花組退団者4名へのお花渡し『元禄バロックロック』【東京大千秋楽追記】 - 宝塚は生きる糧

 

お花渡し カテゴリーの記事一覧 - 宝塚は生きる糧